麻酔を使ってvioの脱毛をする

vioの脱毛は痛みが強い

レーザー脱毛は一般的には一瞬ゴムでパチンとはじかれたような痛みを感じます。
熱エネルギーがメラニン色素に吸収されて毛根を破壊するのが原因ですが、vioラインは他の部位に比べて施術時に強い痛みを感じやすい部位となっています。
下着などの摩擦によって皮膚が色素沈着を起こしやすく、メラニン色素が豊富なためレーザーが皮膚にも反応しやすくなっているためです。
また皮膚も薄くて柔らかく、毛が太くしっかりしていること、普段肌のお手入れをしない場所であるため乾燥していて痛みを感じやすい状態になっている、自己処理によって肌がダメージを起こしているなども痛みが強くなる原因です。
毛が太く多いほど熱エネルギーが集中しやすく、乾燥している皮膚は熱を通しやすくダメージを受けやすいのでやけどを起こしやすくなります。
人によっては歯を食いしばるほど痛かったり施術をあきらめざるを得ないくらい痛みを感じる人もいます。
自宅で処理する場合やエステでの光脱毛は痛みを軽減する方法としては施術部位を冷やすために冷却ジェルや保冷剤を使うのが一般的ですが、医療機関で行うレーザー脱毛には麻酔クリームや笑気麻酔を使用することが可能です。

痛みに弱い人はレーザー脱毛

レーザーは医療従事者のいる医療機関でのみ使用可能な方法のため、エステではレーザーではなく出力の弱い光脱毛を使用しています。

iラインの毛はどれくらい残す?

レーザーの方が光よりも効果が高く痛みも強くなりますが、医療機関では麻酔を使用することができるため痛みに弱い人は光よりもレーザーが向いています。
全く痛みを感じない、意識がなくなるほど強い効果ではなくふわふわとしたような感じがする、皮膚の感覚が鈍くなるくらいの強さのため安全性も高くスタッフと会話しながら施術をすることができます。
レーザーを照射前にvioラインに麻酔クリームを塗布、笑気ガスを吸引することで施術時の痛みを軽減するだけではなく施術後にも鎮痛剤などの処方を受けることが可能になり炎症が起こった時でも安心です。
vioの毛は太くしっかりしていますが施術回数をこなすことにより、細く産毛のように変化していくため痛みは徐々に感じにくくなるため、最初だけ麻酔をするのも良い方法です。
麻酔は別料金のクリニックがほとんどですがおよそ5、6回の施術で毛が生えなくなるため、10回以上施術が必要になる光よりも回数が少なく済むので痛い思いをする回数が減るというメリットもあります。

自己処理は肌荒れに注意しよう