脱毛サロンは痛くない脱毛方法で脱毛できます

自己処理の脱毛方法は痛みが伴います

毛抜きや脱毛テープなどを使い、自宅でムダ毛を自己処理をするという人も少なくありません。
脱毛サロンを通うよりも手早く自分で処理したいという人や、費用をかけたくない人はメリットのある方法です。
しかし、自宅で手軽にできるメリットがありますが、痛みが伴うなどデメリットもある脱毛方法です。
しかも、部位によっては痛みに敏感な部分もあり、痛みに耐えられず脱毛を断念することさえあります。
また、無理に毛穴から毛を引き抜くことで、毛穴やその周りの皮膚にダメージを与えてしまうこともあります。
痛みに耐えて無理に脱毛するをすることによって、脱毛した部分が赤く腫れてしまう場合もあります。
毛穴や傷ついた肌の表面から雑菌が入り込むなど、より重大な肌トラブルになってしまうリスクもあります。

自己処理は肌荒れに注意しよう

このように、ムダ毛を自宅で自己処理する脱毛方法は痛みに耐えなければならないことが多いです。
また、毛穴やまわりの肌に負担をかけてしまうこともあり、肌トラブルのリスクもあるため注意が必要です。
ムダ毛を剃る方法もありますが、すぐにまた毛が生えてしまうため手入れが面倒になることがあります。
また、カミソリを使ってムダ毛を剃ることで肌を傷めてしまうこともあります。

脱毛サロンなら痛くない脱毛方法で脱毛できます

初めて脱毛サロンに行くと、初回はカウンセリングを受けることができることが多いです。
脱毛に不安がある人の相談だけでなく、ムダ毛や肌の状態をチェックしてもらうことができます。
そして、それぞれの人に合った脱毛ができるので安心して施術を受けることができます。
脱毛というと毛を1本ずつ抜くイメージがあり、痛みがあるか心配になる人も少なくありません。
しかし、脱毛サロンでの脱毛方法は、業務用の脱毛機器を使うため、痛くない施術ができることが多いです。
毛に特殊な光を照射することで毛だけに光を反応させるため、痛くない施術を受けることが可能です。
毛抜きや脱毛テープなどで力任せに抜く脱毛方法のように痛みに耐えられないことはほとんどありません。
脱毛サロンでの脱毛は痛くないだけでなく、肌へのダメージも少ないので安全な脱毛方法です。
施術が終わった後には肌へのケアもおこなってもらえる場合もあり、肌トラブルもほとんどありません。
また、1回あたりの施術時間も短くて済むので、全身脱毛コースでも少ない施術回数でできることが多いです。
痛くない脱毛方法なので全身脱毛コースでも痛みの心配なく施術を受けることができます。

ムダ毛処理によって起こる肌トラブルの種類とは

ムダ毛の処理方法には、自己処理からサロン・クリニックで受ける脱毛施術まで、様々な方法があります。しかしその中には、間違った方法でムダ毛処理を行ったことによって、肌トラブルを引き起こしてしまうケースも少なくありません。ここでは、その肌トラブルの種類を見ていきましょう。

ムダ毛の処理方法により肌トラブルの種類が違う!?

ムダ毛処理の方法としては、大きく分けて自己処理と脱毛施術の2タイプがあります。この中で、一番肌トラブルが起こりやすい方法が「自己処理による方法」です。
自己処理の方法にも様々あり、カミソリや毛抜き、脱毛クリーム、脱毛ワックスやテープ、家庭用脱毛器などが使用されることが多いです。特にカミソリや毛抜き、ワックスなどにおいては、毛穴の周囲の皮膚を傷めることが多く、長期間において継続使用することで「毛穴の黒ずみ」や「埋没毛」、「色素沈着」などを引き起こす原因になります。また、無理やり毛を抜くことで脱毛部分が炎症を起こして、痒みなどを引き起こすこともあります。
一方、脱毛サロンやクリニックでは、光脱毛や医療レーザー脱毛によって施術を行います。このような脱毛方法では、皮膚の内部にある毛の根元に向かって光やレーザーを当てて毛を抜き取っていきます。この方法では、毛を作りだす毛乳頭を破壊するのですが、その際周囲にある皮脂腺にも影響を与えることがあり、それによって施術後に汗の出る量が減少する場合があります。これによって肌荒れの症状を起こすことがあります。医療レーザーにおいては、サロンよりも強いレーザーを当てるため、部位によっては軽い火傷を負うこともあります。

肌トラブルを起こさない脱毛方法はある?

ムダ毛処理による肌トラブルは、その脱毛の種類によって違ってくることは分かりましたが、それではこうした肌トラブルを起こさない脱毛方法はあるのでしょうか。
肌トラブルを起こさないためには、皮膚科などのクリニックで適切な脱毛を受けることが良いでしょう。脱毛の種類としては、より高い脱毛効果が得られる医療レーザー脱毛があります。

脇の処理をどうやって行うのか

医療レーザー脱毛では「火傷」が心配されますが、現在のレーザー機器はどんどん進化をしており、肌トラブルを抑えながらより高い脱毛効果を得られる機種も登場しており、一部のクリニックでは導入しているとこともあります。
その機種の一つは、今までのレーザーよりも照射能力の高い種類のレーザーを使用しながら、照射する温度は細胞が壊死する温度に設定されており、今までのようなやけどをするような高い温度ではないため安全です。さらに、レーザーを照射する前に瞬時に皮膚を冷やす機能を持ったマシンも登場しており、これらの機種により火傷の確率が大幅に減少します。
脱毛後には保湿などのきちんとした肌ケアを行うことで、施術による肌の乾燥は防止することが可能です。せっかく脱毛をしても肌トラブルを起こしてしまってはきれいな肌は手に入れられないので、適切な脱毛方法を選択しましょう。